S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項

ヘアースタイリスト 八重樫氏より
デニスが日本で最も愛するロックDJでもある、ヘアースタイリストの八重樫氏からのコメントが到着です!

PUNK/SEX PISTOLSのコメント
リアルタイムに体験した世代でもある。「ガーゼ」、「安全ピン」のファッション、衝撃が走った。ジョニーの顔、事件だった。始まったと同時に崩壊しているようなピストルズ。真剣に闘おうとすればするほど疲労感を背負うクラッシュ。20歳で「おっさんだ」と宣言したジャム。ドラマチックな感じなどまるでないリアル感。これ以上でもこれ以下でもない、これがパンク。その当時起こっていた現実。とにかく拒絶することから始まった。愛、真実、ウソ、大切なもの、くだらないもの、etc...。当時10代にさしかかった頃の自分には、こんなにカッコイイ事件はなかった。パンクに出会って人生が変えられたと思う。僕にとって忘れられない出来事。

好きな1曲
ハイスクール時代バンドをやっていた時ののオープニングが"Holiday in the sun"だ。中間で「All The Young Punk」そしてラストが「Born To Lose」これで決まり!

b0035934_0385743.jpgプロフィール
[八重樫 善行 ヘアースタイリスト]
ヘアースタイリストとしてアーティスト、ミュージシャンから格闘家まで様々なクライアントを持つ。現在フランスの某高級美容室の店長。
3年前に青山でロック系クラブイベント『HIGH-FIDeLTY』を立ち上げ、2manyDJを極限までロック化したPlayで絶大な支持を得ている。N.Y. 『kush』のイベントで"ゆらゆら帝国"でニューヨーカー達を大爆発させたPlayは現地でも語り草となっている。

HIGH-FIDeLITYイベントスケジュールはこちら
[PR]
by supporters_blog | 2004-12-01 23:49 | 写真展へのコメント
<< 大貫憲章さんから写真展にメッセ... Rodeo Crowns 吉田氏より >>

当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright (c)Quercia 2006
Copyright (c)1997-2006 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.